秋の夜長

を感じるにはまだまだ早いですが、朝晩は大分秋らしく感じられます。

チャリ族にとっては、楽な季節になってきました。

ジョンティのメニューの本領が発揮されてくる季節でもあります。

これから、タルト・フランベの種類を増やし、ベッコフの器を買い、よりアルザスらしさを寒くなるまでには演出できればと思っています。

プチ・タ・プチ、頑張ります。

Twitterに投稿する

Leave a Reply