あれから…。

恐怖のどん底に落とされた未曾有の震災から一箇月が経ちました。

時間が過ぎれば過ぎるほど、悲しみも膨れ上がり胸が締め付けられる思いです。

先日、青森県十和田市の消防士である従兄が自ら志願し被災地の一つである岩手県に任務遂行のために行きました。

想像を絶する現場の地獄絵。

生命と財産を守るために日々訓練している彼らでもそれはそれは大変な任務だったようです。

僕たちに出来る事は何か。。。

早くの復興を願う気持ちと息の長い支援。

それには仕事をし、少しでも経済が衰退しない様にする事。

先ずは出来る事から出来る事を長くやる。

自身が選んだ仕事に誇りを持ってやる。

それが出来なければ、今最悪の中で頑張っている人々に失礼だと思う。

もう一度自身に生かされている意味を問いたい。

最後に、未だに辛い状況の中過ごされている方々へお見舞いを申し上げ、悔しくも亡くなられた方々へ御冥福をお祈り申し上げます。

富田裕之拝

Twitterに投稿する

Leave a Reply