フランス&アルザスレポート最終章(笑)

パリ最後の夜、ガレ・ド・イストにて晩餐会でございます。。。

榎さんと私

富田さんとゆうきさん

朝から飲みっぱなしグロッキー

アンドゥイエットをご堪能

私の肉・肉・肉。

パリ・アルザス最高~!!

今後とも、ジョンティを愛してくださいませ。宜しくお願いいたします。

P・S ちなみに、今朝体重測ったら3kg増量しておりました。フランス太り~(笑)

失礼いたします。

かなみ拝

フランス&アルザスレポートその③

アルザスでのもう一つの目的である、シュークルート作りの見学。こちらのお店ではラードをたっぷり使って炒めた玉ねぎの中に発酵キャベツを入れて炒めていました。写真の豚スネも野菜と色々なスパイスを入れてじっくり煮込んでいました。ランチも同じお店で頂きまして、そのボリュームの多さに皆参っていました(^-^;)日本だったら、余裕で2人前はありましたね~。

アルザスには2日間滞在しましたが、話しに聞いていたようにおとぎ話のようなカラフルなお家と石畳の街並み、お花に溢れる素敵な町でした。また、一年中クリスマスの町と言われるようにクリスマス専門店や魔女・フェアリーグッズを売っているお店など沢山ありました。

かなみ拝

フランス&アルザスレポートその②

2日目、パリのガレ・ド・イストよりアルザスへ出発。1時間程走ると車窓の外にはのどかな牧草地帯とブドウ畑が広がります。さすが農業大国!

コルマールへは大体2時間で到着しました。ロータリーが広がっていて、駅前にはこれと言ったお店は無く、賑やかな場所へは歩いて20分くらいかかりました。

写真を続けて4枚。ヴァインバックという生産者を見学しました。私の隣の方はマダムのカトリーヌさん。シルヴァネール2009、ピノブラン2009、ピノグリ2009、リースリングとゲヴュルツ・キュベテオ2009、リースリング・セント・カトリーヌ2009・2004、グランクリュのリースリングシュロスベルグ2009、ピノグリ・アルテンベルグ2007、ゲヴュルツ・アルテンベルグ2000・2007の11種類を試飲させていただきました。

色とりどりのバラの花がうえてあり、とても素敵なビオディナミの畑でした。また、アルザスのブドウ畑は草が絨毯のようにあったり、隣に草木が自然に生えているなど今まで想像していた畑とは違っていて新たな発見でした。

続きましてジョンティでもお馴染みのヒューゲルです。ジョンティ2009、ピノブラン2007、リースリング2008、ゲヴュルツ2008、ジュビリーのリースリング2005、ピノグリ2004、ゲヴュルツ2006、ヴァンダンジュタルディブ・ゲヴュルツ2003、セレクショングランノーブル・ゲヴュルツ1988を試飲させていただきました。また、ヒューゲルと言えばギネスブックにも載っている1715年より今も現役の「セントカトリーヌ」という大樽です(約16,000ℓ=約21,530本分)。ヒューゲルで最も大きい樽だと約17000ℓで23,000本分位あるそうです。また、2009年はヒューゲルの先代がお亡くなりになられ、初めてのヴィンテージだそう。ジョンティのエチケットがリニューアルされています。

かなみ拝

フランス&アルザスレポートその①

皆様、無事に戻って参りました!!永らくお待たせしました、かなみのミニ・フランス&アルザス・フォトライブラリー♪

パリ到着初日のディナー。Tuさんとご一緒に。フリュイ・ド・メール!こちらで2人前!生牡蠣好きの私ですが、たっぷりと堪能いたしました(^^)vパリのブラッスリーはディナータイム19時からと日本より遅め。ピーク時はとても賑やかで、サービスの方のてきぱき動く姿、飛び交う会話、ちょっとミスってもジョークでごまかす大らかさが心地良かったです(笑)

こちらは個人的にどーしてもパリで食べたかったムール貝です!別添えでポムフリットも付いていて、出汁がたっぷり出たスープに浸して食べたらもぉトレボーン♪ムールの食べ方もあって、1個は普通に食べて2個目から殻を使ってはさむようにして食べました!ちょっと通になった気分です♪

2日目の朝、ちょっと早起きして、泊まっているホテル近くを散策。シャルキュトリ(加工肉を売っているお店)でパテやテート・ド・フロマージュ(ゼリー寄せ)を買い、ブーランジェリー(パン屋さん)で焼き立てバゲットとクロワッサン、ブリオッシュを買って食べました!P・S榎さんは歩きながらパテをバゲットにはさんで食べていて、パリジャンっぽくてかっこ良かったです!

かなみ拝

9月7日からアルザス研修です。

フランス アルザス地方へ研修に行って来ます。

皆様へは、大変ご不便をお掛け致します。

スタッフー一同、楽しんで参ります。

16日以降パワーアップしたジョンティをお楽しみ下さい。

また、研修中のご連絡先はトップページの「ジョンティからのお知らせ」欄に御座います。携帯電話でのメール受信をしておりますので、何か御座いましたら、こちらへ御一報頂けると幸いに存じます。

そして、現地での出来事をツイッターにてタイムリーに御報告して参りますので当ブログの右側にある「Follow us」をクリックして頂き、ご覧頂ければと思います。

今回このような機会に恵まれますのも、皆様あってのことと深く感謝をしております。

皆様、本当に有難うございます。

16日以降楽しみにしていて下さい~。

それでは行って参ります~。

スタッフー一同拝

2 / 3123