年末に向け

ホールスタッフー&簡単な調理補助アルバイト募集しちゃいます。

ご連絡は、富田まで宜しくお願い致します。

オーナー拝

専門料理&かなみのご報告♡

本日(19日)発売の「専門料理」111ページにジョンティを掲載して頂きました!皆様、ぜひご覧くださいませ♡

そして、ソムリエ試験に合格しました!!正直、くじけそうになった事も多々あり、富田さん始め榎さん、ゆうきさん、そしてジョンティのお客様、知人、友人皆に支えられここまで来る事が出来ました。

ようやくスタートラインに立つ事が出来て、これからも頑張っていこうと思います。

今後とも、皆様のご支援、ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

かなみ拝

フランス研修旅記…2

さてさて、チェックインを済ませた我々は、朝から麦酒を頂き(私だけ?)いざ、おフランスへ。

長いなが~い飛行機の中の時間を過ごし、無事フランスへついたのです。

じゃ~バスに乗りますか~という事で乗り場まで歩いていたらカナミの姿が見当たりません振り返ってみると100メートル後方にいるじゃありませんか!!!必死に動かない車輪のバガージュを押しています。あちゃちゃ…こころ優しい悠樹が自分のバガージュと代え、その場は何とか何とか…。。。

パリに着きホテルに荷物を置き、御常連のTuruさんの待つモンパルナッスへ。

この日はおのぼりさんコースという題目でフリュイ・ド・メールで有名な某店へ。生牡蠣や生のムール貝、生のハマグリみたいなもの…てーか全部生じゃん。。ちょっと怖かった私と榎さんは遠慮し、しっかり火の通った蟹や海老を頂いたのでした~。もともと牡蠣は好きなんですけどどうも免疫がなく御縁がありませんし…。その後はバーに行き、ほどほどにお酒を頂いて、明日のアルザスにそなえましょ~という事で、早々にホテルに帰り就寝ス。

翌日、早めに起きてパリ市内を御散歩し、いざアルザスへ。

ギャーレストに到着し事前にネットで申し込んだキップを交換しさあさあ行きましょう♪

TGVの中からの景色を楽しみ僅か三時間で到着。偶然、当日お世話になろうとしていたシャンバールのソムリエ林さんと遭遇。はじめまして~の挨拶と共にその場はバイバイ。とっても感じの良い方でした。

15時30分にアポイントをとっていたドメーヌ・ヴァインバックに行くまで時間がありましたので、先に宿泊先のゼレンベルグへ荷物を置きにいきさぁて行きましょうでヴァインバックへ。

久しぶりの再会を果たしたカトリーヌさんはとっても優しく我々を迎えてくれ、先ずはミュスカを試食。次いでカーブに案内してもらい試飲タイムへ。

とっても沢山のアイテムを試飲させて頂きました。本当に有難うございます。

そのあと、食事は何処で?との問いに、シャンバールへ行こうかと…すぐさま予約を入れてくれました。その後、カイゼルスベルグまで送って頂き、カトリーヌとはそこでバイバイ。のはずでしたが…。

林さんにシャンバールの館内を案内してもらいその後楽しい食事の時間を過ごし、さっ帰りまひょという時にカトリーヌさんから℡があり、誰かがテイスティングのノートを忘れてるわよ~。今から届けに行くからね~という事で再再会。いやいやいやあ誰ですか~。まぁ、美味しいワインのデギュスタシオンは吐くのがとっても難しいのはわかりますが、酔っぱらうまで飲む事は無いんでないの!ということでおおいに反省して頂き、遅くまでお邪魔してしまったシャンバールさんを後にホテルまで帰りました~。

二日目はリックヴィールのヒューゲルさんにお世話になり、午前中はお願いしてあったレストランでシュークルートの造り方を学び、一度テイスティングルームで試飲をさせて頂き、お昼はシュークルートの造り方を教わったレストランでシュークルートを頂きました。しかし、あの殺人的な量はいつ見ても凄いです。その後はみんな夜まで自由行動。

アルザスの街並み、いつ見てもほのぼのしていて気持ちよかったなぁ。

夜はお昼のお腹いっぱいを引きずっていたので軽くすませ、部屋に戻り悠樹とフィッシャーの生を呑みながら楽しい夜を過ごしました。

翌日の三日目は待ちに待った叙勲の日。前述させて頂いていますので割愛いたします。

四日目はパリに戻り、皆と合流。夜ご飯を共にし、最後のパリを楽しみました。

続く。

夢を諦めないで下さい。ポジティブにね!

先日、チョイとした呑みで若い子(私も若いですが…なにか?)と御一緒させて頂きました。若い(私も若いです。)パワーって凄い!!!

話の中で色々なアイデアがどんどん出てきます。お酒もガッツリって感じ~。

楽しい時間を過ごさせて頂きました。

ただ、一つ気になった事がありまして…。

話の中に、

「海外研修行くにもお金がかかるしそんな費用は無い。お店を開くのにも御金がない。でも、夢なんです。」と、その他ネガティブ発言が多々ありましたが…。

その時は人の人生とやかく言う必要はないや。と、思ったので軽くそんな簡単に諦めるなや。位に声をかけさせて頂きました。

その子の為になるかどうかわかりませんが、でもやっぱり、言わせて下さい。

やっぱり夢は簡単に諦めちゃいかんよ。周りは心配して言ってきている訳で、全てを否定している訳じゃないと思うし、お金だって今ないだけで夢を実現する事によって、手元に入ってくると思うし…。

どんな時にだって何かを乗り越えなければいけないと思うし、乗り越えてもまた乗り越えないといけないものが沢山あるとは思うけど、中々楽しいもんだよ。

僕だって明日は不安だらけです。一寸先は闇…。怖くて寝れないときだってあります。正直ビビってますよ。

それを跳ね飛ばすのは、ガキンチョの頃からの夢かな。初めて飲食業に携わり、この仕事を一生やっていくと決めた時の気持ちかな。

ただそれだけかもしれない。どの職業に携わる方にも初めに持つ気持ち。

今、僕は素晴らしいお客様にも支えられ、同じ志を持つスタッフーにも支えられとても恵まれています。

決して平坦な道のりで来た訳ではないしこれからもそうでしょう。でも、何かにぶち当たった時また、乗り越えなければいけない壁があったとしたら、それらは初心にかえってみる切っ掛けと思えるようになりました。

苦しい時は自分で考える事も大切だし、他人を信用し頼る事も必要だと思う。

腐らず、初めの熱い気持ちを思い出し、進みましょう!

継続は力なり。

ちょっと偉そうなオーナー拝

フランス研修旅行記…1

ワイン騎士団の御報告に加え、少しずつフランス研修での御報告もしていきたいと思います。

9月7日~9月13日までお休みを頂き研修旅行にいってきたわけですが、二ヶ月くらい前にワイン騎士団からの叙勲の報告を受け、それから色々な手配が始まりました。

TGVやら航空会社やら…兎に角、スタッフー皆と行くわけですからね、朝から晩まで格安チケット探しまくりなわけです。でも、二か月しかない訳ですし時期的にもそんな安いのなんてあるわきゃない。

まさに!血眼になりながらま~いにちま~いにち探し漸くホテル付きの航空券をゲット!

値段的にもいろいろと頑張った自分にグッジョブ!!!

それからホテル等細かいところや、造り手にアポを取りスタッフーの自由時間もたっぷりととったスケジュールを決め後はその日を待つだけ。

いつも上の空のカナミはフランス初だったので言っても上の空を承知の上、道路はあまり舗装されていない事やメトロの乗り方等教えて当日までに色々プランを立てた方が良いというアドバイスもし…全て役に立ちませんでしたが。。。本人は未だに行き当たりばったりの人生で、何とかなる派の子です。若いって素晴らしいですね。。。皆様、怒らないで下さい。私も相当我慢していますから(笑)!

当日朝7:30までに成田へ集合。榎さん、悠樹は既に到着。カナミを待っているとガッタガッタの車輪が付いたバカでかいスーツケース…おいおい。現地に着いて誰がそのスーツケースおすんだよ。空港まで一緒に来たカナミのパパがそのスーツケースを押している(引くんじゃないんですよ!おすんですよ!)光景を目の当たりにしてカナミ以外、この研修旅行に一抹の不安を感じたのでした。

続く